2017年06月19日

うさんくさいセレブ美魔女

あるSNSで美魔女のブログを見た。
50代。
顔や、全身、パーティ・シーンなど、写真をどんどんアップ。
他のSNSに開設している、自分のブログや会社をPRするのが目的とみられる。

彼女が、美魔女会(コミュ)を立ち上げたとか。
年収1億以上で、単なるお金持ちではなく、メディアでも取り上げられたことがあるのが条件だそうだ。

写真にアップされているように、帝国ホテルでのパーティとか、いろいろ、セレブや有名人が集うとか。

読めば読むほど、うさん臭い。
叶姉妹のミニ版か。

年収1億の業種は明かされていない。
夫が年収1億以上だとしても、なんか・・・どうも・・・本人の稼ぐ収入ではないわけで、
そんな条件を出されて、のこのこ参加する人も、ちょっとどうかと・・・。

自分より20~30才は若いBFを持つ友人マダムが多いとか。
友人のエピソードとして、
エーゲ海産のイケメンモデルとの、クラブなどでの熱い日々なども日記にアップしているが、
ますます、叶姉妹っぽい。

もうすぐ還暦にもなろうというのに、よほど、肉体と気が若いのだろう。
仮にあれが、ほんとうの話だったとしても(そうとう、眉唾ものであるが)、
羨ましいかというと、ぜんぜん、羨ましくもなんともない。

わたしの歩んでいる道とは、全然違うし、憧れもしない、
そんな日記をどんどん読み進めるのは、なぜか? 
偶然に近い、ちょっとした、きっかけがあって、読んだのだが、
いったい、どこまで行くのだろうという、興味本位。

美魔女で、お金持ちで、政財界の人に親戚縁者がいて、都心で遊び回り、・・・商売もし、・・・
デビ夫人っぽいイメージもある。

思いつくまま、業界職種を適当にあげてみると・・・
ハリウッドスター、プロ野球選手の家族会、ファッション・美容会社オーナー、ねずみ講トップ、ギャンブル系オーナー、美術・宝飾関連オーナー・・・
チャリテイ関係では、質素で実質的、実践家的な雰囲気を醸し出しているので、
自分の身ばかりをかまい、自分大好きギンギラ美魔女はあまり出てこないと思うし。
実業界では、美魔女ばかりが集うことはなく、男性社会の中に、少数派で女性が混じる程度だと想像するし、
ギンギン美魔女系は、パーティではコンパニオン系になってしまいそうだ。

が、どこが、わたしの「憧れではない」琴線に触れたかというと・・・。
ほんとうに、そういう人々は、自分の顔を出して、ブログにアップしない。
政財界の縁者とやらに、迷惑がかかるようなことは、しない。
顔を出すのは、売名行為で、商売に利用しようとする人だけだろうと思う。

虚栄、かさ上げ、イメージ作り、といった、実質ではない、ほんとうの中身で勝負するのではなく、
いかに、うわべを良く見せるか、で勝負しているように感じる。
あたかも、素晴らしいと想像させる、想像以上のものを想像させるが、
実は、見かけがマックスで、実態を明確にしたら、なんだ、そんなものかと、がっかりする可能性がある。
中身より、見かけのほうが良いので、見かけ以上のものは中身には期待できない。
というか、見かけと中身が同じなら、とても素晴らしいが、
見かけに全力をかけているので、必然的に中身は見かけより落ちる。


勝手に良いイメージをどんどん膨らませて、「スゴイ人々と、ごいっしょしている自分が、スゴイ!」と思い込む人がいる。

実際にセレブ生活っぽいものが好きなマダムたちはいる。
わたしは、ぷ~んと臭うおカネのニオイが嫌いで、参加しない。
ファッションにしても、身につける装身具にしても、経済力がないと纏えないようなものばかり。
安っぽい服で参加したら、しら~とした目で見られそうだ。
ちょっと、ふふん、と鼻で笑われ、軽い軽蔑の目。
あの人、場違いね、と。
自分が好きで着ている服、格好が、場にそぐわないとわかりきっていて、あえてそんな格好をするのは、明らかに快適ではない。
いくら信念をもってユニクロの服で参加しても、信念よりも不快感のほうが強いので、ユニクロでは行かないだろうけれど。
(ラフな格好で参加すると、格式ある集まりなどでは、TPOを考慮しないと、ある程度の年齢になるとイタイ)
というか、ユニクロであろうがなかろうが、そんな場は、窮屈である。

無理して、合わせようとすると、見栄を張り、背伸び生活になる。
余裕しゃくしゃくだったとしても、ライバル心とか、きっとあるだろう。
湯水のように使うのは、自分の稼いだお金なのか? どうやって、稼いだ?
いったい、どういう職種?
それとも、棚ボタ式、親からの相続?はたまた贈与?
(自分で苦労して稼いで手にした金でなければ、お湯と同じ)

派閥みたいなものも出来たり。
そもそも、グループで群れるのは嫌いなわたしなので、セレブであろうが、ママ友であろうが、
集団行動は避けたい。

目一杯の現状を、すべて表に表す、あっぷあっぷのお付き合いは、わたしは、しない。

まあ、それは、セレブとは関係ないだろうけれど。
見かけや、行動にお金を、これでもか、とかけるのが、嫌い。
同じお金をかけるなら、人に見えないところでかけたい。
そして、人に見せるためではなく、自分のために、時間、労力、おカネをかけたい。

さらっと上質なオーガニック・コットンを着るとか、
デザインも、装飾性よりも、快適性や機能美を追及するとか、
宝飾品など、ごてごてせず、シンプルなほうがいい。
毛皮なんか、とんでもない。動物愛護精神に反する。
「美魔女」美よりも、健康美、こころの美しさが輝く美。

「政財界の親戚、知り合いがいる」と、自分の口から明かすようでは、
それこそ、信用ならない。
それで信用させられ、ろくでもないことに、利用させられたらかなわない。

子供が立派になっていても、もう成人になって、自分の道を歩んでいる場合、
その立派な子供の親だからといって、必ずしも立派だとは限らない。
妄信してはいけない。
自分の目でちゃんと見て、信用できる人かどうか、判断しなければならない。


ということで、セレブも美魔女も、自分で声高らかに、それを公言している人は、
わたしのポリシーに反するから、NGなのである。
自分で発信している時点で、終わっている。



Posted by forg  at 13:19 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。